【Tポイントをお得に現金化する方法】
マネー

【夫婦の財布はどうしてる?】夫婦共有財布のすゝめ

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は夫婦の家計事情について、2人でどのように捻出しているかお話したいと思います。家計と言えば奥さんが実権を握っていて何も口出しできないだとか、お小遣い制で少ししか貰えないだとか、色々と家庭の悲しいお話しを聞くことが多いものです。

ですが我が家は異なった方法で家計をやりくりしています。この方法は付き合っている時から行っており、結婚後も継続して続けています。

今回の記事では

お小遣い制よりも自分たちに合っている家計管理の方法ってないかな?

といった疑問にお答えします。

付き合っている頃からこの方法でした。

これはまだ結婚する前でカップル時代のお話しなのですが、僕たちは付き合い始めた時からお金の管理方法として2人のお財布を作って共有していました。口座を作る訳では無く、お財布のみです。

例えばデートに行く前になどに今月は僕が◯◯円、彼女が◯◯円共有財布に入れて、デート代は全てそこから出して遊ぶというものです。

結婚もしていないのに共有財布を作るなんて、、もし別れたらどうするの??

と思う方も多いかと思いますが、実際僕たちもその事については話しており、もし別れたら仲良く二等分するというルールにしていました笑

また、あまり付き合っている段階でこのように共有財布を作る方は少ないと思いますが、実際にやってみると色々といい事が多い事に気付きました。

では、付き合っている時に共有財布を作る事の何が良かったのかについてお話しします。カップルや夫婦のみなさんが仲良くお金の管理をして、お金の悩みを解決して行けるような助けになればと思います。

共有財布とはなんぞや?

共有財布とはカップルがデートなど2人で楽しむことに必要なお金を払うために共有する財布のことで、2人でお金を出し合って作ります。

お互いにどのぐらいの金額を出すかは遊ぶ頻度や内容、そして収入によって変わりますので、相談して決めましょう。僕たちは同額を出していました。

共同財布を作ることで支払のときに悩んだり揉めたりすることがなくなりますから、デート代で不満を感じていることがあるならぜひ作ってみましょう。

入れる金額は?

この財布を作ろうと思うまでに1ヶ月にどれくらい2人で使っているか、大体把握出来ると思うので、それをもとに入れる金額を決定します。

僕たちの場合は1万円を切ったら1万円づつ入れ、財布に3万円入っている状態にすると決めていました。

普通彼氏の方が多く出すだろ!って言われるかも知れませんが、僕も当時は新卒だったので許して下さい。。

財布の管理は?

もちろんですが、しっかりした性格のほうに任せましょう。結婚や同棲をしているなら大丈夫ですが、まだしていない時のデートで共有財布を家に忘れて来てしまうとその日のデートが少しモヤモヤします。

まぁ自分の財布から出せば良い話なのですが、相手のお金管理のルーズさにイライラしながら1日を過ごす事になるかも知れません。

そんな事を防ぐ為にもどちらが管理するかは大切です。

共有財布を作るメリット

①どっちが出すかで迷わない

付き合っている時のあるあると言えば、お会計の時のどっちがどれくらい出すか問題。中には毎回全て彼氏に払わせるなんて言う猛者もいるみたいですが大抵はお互いに気を遣い合いながら、交互に出したり、彼氏の方が多く払ったりしてるかと思います。

ですが共有の財布を作る事によって、その問題は解決します。

あらかじめ共有財布にお金が入っている為、そこから出せばOKです。

よくありがちなモヤモヤを一瞬で解消する事が出来ます。

②お互いの感覚を確認出来る

付き合っている頃はお互いがバリバリ働いているので先程も言いましたが共有の財布に入れる額は同額にしていました。また、これの方が後で何かあっても後腐れが無いという理由です。

共有の財布に入れたお金は2人で使い道を決めて行くことになる為、ふとした買い物や食事などでも相手がどの様にお金を使う人なのかが分かります。

金銭感覚のずれというのは後々大きく響いてくる要因だと思いますので、付き合っている段階からキチンと考えておくことが重要だと思います。

③貯金がしやすくなる

2人で共有財布を作ると、一定額を毎月自分の給与から差し引くことになる為、決まったお金が入ってくることになります。

ですが毎月全てのお金を使う訳では無いので自然と共有財布の残高が増えて行くのに気づくと思います。

そこで、一定額が溜まったら旅行のための費用にしようだとか、同棲に向けて引っ越し資金を貯めたり、新居の家電費用を貯めたりといった事も出来ますし、結婚予定であれば2人の口座を作って結婚資金や生活のための資金として貯めていくことも出来ます。

共有財布のデメリット

①財布がひとつ増える

共有の財布を作るのでもちろんですが持ち歩く財布がひとつ増えます。しかも僕たちが今使っているのは長財布の為カバンに入れてみると結構なボリュームになります。

彼女が普段持ち歩くカバンはあまり大きくありませんので、大体僕が財布を2つ持ち歩いています笑

②キャッシュレス決済が出来ない

お互いに共有財布に現金を入れる方式の為、キャッシュレス決済が利用出来ません。

2人とも絶対に現金派というカップルであれば問題無いかと思いますが、ポイントやキャッシュレス還元のある現在、クレジットカードや決済アプリを利用出来ないことが不便に感じる方も多いと思います。

もし、結婚を前提のお付き合いであれば、最初から共有口座とクレジットカードを作り、そちらで管理するのも1つの手かも知れません。

 

クレジットカード選びに迷っている方にはこちらの記事がおすすめです。僕も持っていますがお得に生活することが出来ます。

③どこまでを共有の範囲にするかを決めないとトラブルになる

共有の財布を作る訳ですから必ずルールを決めないとトラブルが起こります。

しかし細かい所まで決めすぎてしまうのも続かない要因となってしまいます。そこで、迷った場合は自分の財布から出しておく事で揉めるのを防ぎましょう。

例えばデート中に喉が渇いたからジュースを買う時など、人によって判断が異なってくる様なものは自分で出すのが無難かも知れません。

まとめ

~メリット~
①どっちが出すかで迷わない
②お互いの感覚を確認出来る
③貯金がしやすくなる

~デメリット~
①財布がひとつ増える
②キャッシュレス決済が出来ない
共有クレジットカードを作れば解決
③どこまでを共有の範囲にするかを決めないとトラブルになる

ここまで、共有財布について管理方法やメリット・デメリットをお伝えして来ましたが、一番重要なことは「お互いが納得しているか」という事に尽きると思います。

お互いの金銭感覚やお金に対する考え方が合っていないと思わぬトラブルを招く可能性があります。トラブルを避ける為にもこの先ずっと一緒に居たいと思う人とでないとこの方法は効果的じゃないと思います。

ですが、2人の将来をちゃんと考えられる人であればこの方法はとても有意義なものになると思います。

僕たち夫婦は結婚してからもこの方法を採用しています。月初になると2人で銀行に行って、お互いの決まった額を共有口座に入れます。毎月なんとなく給料が振り込まれてそこから使っていくよりも決まった額をどうやりくりしていくかを考える事でお金の管理がしやすくなります。

みなさんも賢くお金を管理する為に2人で相談して取り入れてみてはいかがでしょうか?

お金の管理について重要な固定費についての記事はこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
りょたまる

首都圏在住20代後半のデザインとお金に関する事を発信する建築士。新商品開発・戸建住宅・ショールームの設計を経て、現在はディベロッパーで意匠設計の仕事に従事。会社員からのセミリタイアを目指し、建築家と呼ばれる人になれるよう日々奮闘中。

建築士の日々とライフハック

コメント