【Tポイントをお得に現金化する方法】
住宅知識 建築知識

【こんなにあるの?】注文住宅で決めること一覧/内外装・外構

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

注文住宅の大きな特徴は、なんでも好きに決められるという自由さ。でも、自由ということは決めなければいけないことも多いという事です。はじめは楽しかった家づくりも具体的な仕様を決める作業はとても疲れた、という話はよく聞きます。

いわゆる『決め疲れ』です。

特にコダワリが強ければ強い方ほどひとつを決めるために熟考し、決めきれない方が多くいらっしゃいます。

内外装の仕様は数回の打ち合わせの中で、膨大な量の色・素材・仕様を決めていかなければいけないので、疲れが溜まってくるのは凄く分かります。ですが焦って決めてあとで後悔することもしばしばです。

一度決まった後の変更は追加費用が発生することも。

事前に決める事がある程度分かっていれば、後悔せずに決める事が出来るのに。。

そこで、後悔しない家づくりの為に、決めなければいけない事の一覧をまとめました。

メーカーの商品仕様によって決める内容は異なりますが、住宅を構成する部材・設備はほぼ同じなので、目を通しておくことで打ち合わせまでにイメージを膨らませる事が出来ます。

また、メーカーごとに『標準仕様』が決まっていると思うので、こだわりのないところは標準から選ぶと手間を省くことができます。

家が建っていく順番は『基礎⇒躯体⇒外装⇒木工事⇒電気・設備⇒内装仕上げ⇒外構』です。壁紙やコンセント、照明の位置については工事が始まってから最終決定しても大丈夫な場合もあり、ギリギリまで考える方が多いです。

外装で決める事

まずは外装からです。共通事項として『メーカー、仕様、色』はセットで、全ての部材で決めなければいけません。例えば、サッシなら『YKKap、APW330、外観色ブラック』などなど。住宅メーカーによってある程度絞られているはずなので詳細は各メーカーの担当者に聞いてみてください。

ここで上げている内容も必要最低限のものなので、オプションやメーカーごとの標準仕様によってはもっと増える事もあります。

工種部材名称備考
屋根工事屋根材料(スレート、瓦、金属)、雪止めの段数
破風・鼻隠し 屋根材の色で決まっていることが多い
軒樋 破風・鼻隠しの色と合わせている事が多い
雨樋基本は外壁の色合わせでOK
軒裏天井材金属板やケイカル版など
外壁工事外壁サイディング、金属、タイルなど様々
サッシ工事外部笠木バルコニーの手すり部分やフラットルーフ
バルコニー手摺形状(ポリカ、ルーバー、横格子)
サッシ性能(熱貫流率など)、外観色、シャッター
玄関ドア性能(熱貫流率など)
外部物干し壁付け式、スライド式、軒天式、
外部格子デザイン格子の有無
防水工事フラットルーフFRP防水、シート防水、金属防水など
タイル工事ポーチタイル外構との色合い、玄関タイルとの兼ね合い
電気工事インターホン子機機能、色
コンセント防水コンセント、EVコンセント
設備工事太陽光パネル搭載KW数。ZEHの場合は大容量必要

内装で決める事

外装よりも圧倒的に決めることが多いです。各部材に多数の選択肢があるので迷いやすい所。特に、壁紙、コンセント、照明は後悔がとても多いポイント。電気配線を引き渡し後に行うのは容易ではないため、じっくりと時間をかけ決めたい所です。

工種部材名称備考
規格建具・造作工事建具他の造作材は、面積の大きい建具の色やデザインによって決まるので、内装のデザインにおいて大きなウェイトを占める部材
巾木床と壁紙の取り合いを綺麗に納める為の部材
玄関上り框玄関タイルと床材の取り合いを綺麗に納める為の部材
玄関巾木玄関タイルと壁紙の取り合いを綺麗に納める為の部材
カウンター色は建具と合わせるとGOOD。窓枠と併用するようなデザインもある
内部笠木内部手摺部分などクロスを見切る為に使う
窓枠色は建具と合わせるとGOOD。カウンターと併用するデザインもある
階段1,2階の床材が異なる場合はどちら合わせにするか等、アルミ階段などのデザイン階段にするとオシャレ度アップ
階段手摺基本的には階段材と同じ色
見切り材段差部分など床材と壁紙を切り離す部材
外部建具工事サッシ内観色を決める
和室工事形式大壁和室、真壁和室(床の間、書院など)
床工事一般床材無垢材、木目調フローリング、天然タイル、防音床材等
水回り床材ペット用フローリング、クッションフロア等
縁付き畳、縁無し半帖畳など
室内物干し室内物干し天井昇降式(手動、電動)、ポール式等
内装仕上クロスクロスは選べる量が多いので一番迷う所。。
電気工事コンセント個数や位置など、後悔が最も多いポイント!住んだ後の生活イメージをしっかりと!
インターホン親機録画機能の有無、モニタープランの選択
HEMS太陽光発電がある場合
衛生機器大便器手洗いの有無、タンクの有無
手洗い器大便器を手洗い無しにしたら付けてあげたい
タオル掛け個人的はメタル調がオシャレでお気に入り
紙巻き器タオル掛けと同じデザインで揃えたい
洗面化粧台1ボウル、2ボウル、ドレッサー付等用途に合わせて
給湯設備エコキュート容量(関東で4人家族なら370L、北海道なら460L)、HEMS対応
エコジョーズ容量(4人家族なら24号)
ユニットバスユニットバス浴槽サイズ、壁パネル、ミラーなどオプションも多数
システムキッチンシステム形式(対面、アイランド)、食洗器、IH・ガス他オプション多数
食器棚食器棚サイズ、吊り戸有無など
照明器具照明位置、個数、ライトの種類、間接照明 後悔が多いポイント!
空調システム換気方式第一種、第三種、全館空調

外構で決める事

大体引き渡しの1か月前に足場が外れるので外構工事はそこから取り掛かります。最終決定は一番最後でいいでしょう。

工種名称
外構工事門扉
塀・フェンス
駐車場・駐輪場
外部照明
植栽
外部水栓
敷地内アプローチ
ポスト・宅配BOX
ウッドデッキ・タイルデッキ

まとめ

以上、注文住宅で決めること一覧でした。

注文住宅はすべて自分で決めていくので疲れてしまうかもしれませんが、こだわる部分とそうでない部分の線引きをするなど、どうでもよくなって決めてしまう事が無いようにしましょう。

また、打ち合わせの時はしっかりと記録を取ってもらい、その日の最後には認識のすり合わせを行うことがとても重要です。担当の方も同じ人なので、どんなに気を付けていても漏れは発生します。相互のチェックで後悔の無い家づくりを行っていきたいものです。

               ↓無料で一括資料請求、見積もり、間取依頼するなら↓
スポンサーリンク
     一括で資料請求するなら
スポンサーリンク
  一括で無料見積り・間取作成するなら
スポンサーリンク
この記事を書いた人
りょたまる

首都圏在住20代後半のデザインとお金に関する事を発信する建築士。新商品開発・戸建住宅・ショールームの設計を経て、現在はディベロッパーで意匠設計の仕事に従事。会社員からのセミリタイアを目指し、建築家と呼ばれる人になれるよう日々奮闘中。

建築士の日々とライフハック

コメント