【Tポイントをお得に現金化する方法】
マネー

楽天カードゴールドを実質タダで所有するためには?

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内で最も所有者が多いと言われている楽天カード。年会費無料で普段から楽天市場を利用している人なら持たないと損なクレジットカードですが、その上位カードとして年会費ありのゴールドカードが存在します。

年会費があることで躊躇しがちな方もいるかと思いますが、このカードにはデメリットを簡単に埋める事の出来るメリットがたくさんあります。

実質タダで所有出来るボーダーラインもお伝えします。

楽天カードだと年会費無料だけどお金を払ってまでゴールドカードにする必要ある…?

本記事ではそういった疑問にお答えします。

楽天ゴールドカードの年会費

  
  カード種別  
  
   
 年会費 
   

本カード会員
¥2,200(税込)

家族カード会員
¥550(税込)

楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)となります。家族カードは年会費550円(税込)です。

他のカードですと1万円のものも存在することを考えると、ゴールドカードを年会費2,200円で持つことが出来るのは楽天カードの大きなメリットです。

ですが、2,200円以上のメリットを享受できなければゴールドカードにする必要はありません。

次に楽天ゴールドカードで確実にお得になる(実質タダ)ボーダーラインをお伝えします。

タダになるボーダーラインは?

結果から言いますと、タダになるボーダーラインとしては

①楽天市場での買い物金額が11万円以上

または

②空港ラウンジを年2回利用する

他にもいろいろとお得がありますが大きいところですとこの2点です。

楽天市場での買い物金額が11万円以上

   
カード種別
  
 ポイント還元率 

 楽天ゴールドカード 
5%

楽天カード
3%

楽天カード無し
1%

楽天ゴールドカードを利用すると楽天市場でのお買い物に対するポイントがカード無しと比べて+4%となります。

楽天カード利用の場合ですと+2%です。

その差2%分で年会費分の元を取ろうとすると0.02X=2,200 X=11万円となります。

りょたまるはふるさと納税を楽天市場から行っているため、それだけで毎年数万円分お買い物をしていることになります。

楽天ポイント還元によって実質自己負担0円でふるさと納税が出来ていることになります。実際のふるさと納税についてはまた別の機会にご報告したいと思います。

空港ラウンジを年2回利用する

楽天ゴールドカードは国内の主要28空港ラウンジ、韓国の仁川空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを年2回利用可能です。

同程度の年会費でこんなにたくさんの空港ラウンジを利用出来るのは楽天ゴールドカードだけです。

空港ラウンジの利用には1000円〜2000円程度の料金がかかります。

楽天カードでは年間2回無料で利用出来るため2000円〜4000円お得に利用できます。

空港ラウンジを回数無制限で利用する為には楽天プレミアムカードを所有する事で発行されるプライオリティパスが必要です。楽天プレミアムカードの年会費は11,000円(税込)です。

その他のお得情報

ETCカードの年会費が無料

ETCカードを年会費無料で持つ事が出来ます。高速道路をよく利用する方には嬉しい特典では無いでしょうか。楽天カードの場合、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員かプラチナ会員でなければ、ETCカードの年会費500円(税別)が必要です。りょたまるは高速道路を使う事が多いためETCカードを申し込みしています。

セキュリティの保障が付く

カード利用時にお知らせメールが届く(万が一不正利用されたりした時に、早期発見に繋がります)

商品未着あんしん制度(楽天市場において、商品の未着にも関わらず店舗との連絡が取れなくなった時、調査の上請求を取り消してもらえる制度)

ネット不正あんしん制度(第三者による不正利用された際に、審査して通れば被害に遭った金額を補償してくれる制度)

りょたまるは固定費も変動費も楽天カードで払っているのでお知らせメールが大量に来ます(笑)

家族カードが550円(税込)で申し込める

家族カードとしてゴールドカードが年会費550円で所有出来ます。りょたまる家では家族カードも発行しています。別途妻には本カードも発行しているため2枚持ちとなっています。もちろん機能は同じで空港ラウンジを利用することも可能です。

家族カードも発行することで色々と便利な機能がありましたのでそちらについては別の記事で書きたいと思います。

利用明細書(紙)の発行手数料が無料

デジタルな世の中になっても手書きで家計簿をつける事が無くならないように、紙媒体での明細書も需要が一定数存在します。

明細書の発行には楽天カードですと月額84円(税込)かかりますので年間にすると1,008円の費用です。紙で保管しておきたい方にとっては年会費が実質1,192円となります。

まとめ

以上が楽天ゴールドカードを実質タダで所有するための情報でした。

さいごに楽天カードと楽天ゴールドカードの比較情報です。

項目楽天ゴールドカード楽天カード

年会費
(本カード)

2,200円(税込)無料

年会費
(家族カード)
550円(税込)無料

ETCカード
無料550円(税込)

楽天市場
5%3%

空港ラウンジ
国内28、海外2空港利用不可

明細書(紙)
無料84円(税込み)

楽天ゴールドカードは楽天市場利用時のポイント還元率優遇やラウンジ利用などのサービスを受けられるクレジットカードです。ETCカードや家族カードは複数枚作ることが出来るため、用途を分けて利用したりも出来ます。

入会で5000ポイントから貰える!

楽天カードに入会すると5000ポイントからもらう事が出来ます。時期によってはポイントアップのキャンペーンを行っていることもありますので是非チェックしてみてください。ポイントアップのCMが流れてたらチャンスです!

以上楽天ゴールドカードを実質タダで所有する為の情報でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
りょたまる

首都圏在住20代後半のデザインとお金に関する事を発信する建築士。新商品開発・戸建住宅・ショールームの設計を経て、現在はディベロッパーで意匠設計の仕事に従事。会社員からのセミリタイアを目指し、建築家と呼ばれる人になれるよう日々奮闘中。

建築士の日々とライフハック

コメント