【Tポイントをお得に現金化する方法】
マネー

『3つの口座』で資産を増やす!20代夫婦家計の構造を公開

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

・・結婚直後のりょたまる夫婦のやりとり・・

資産がなかなか増えていかない。。家計の構造をしっかりと作りたいなぁ。

よく『資産を増やすためには口座を3つ持て』って言うよね。

聞いたことはあったけど実践出来ていないんだよなぁ。。

よし、今後の為に僕たちも資産を増やせるような家計の構造に見直していこう!

なかなか資産が増えない。。

これは誰しもが一度は思った事があるのではないでしょうか?特に若い方であれば尚更です。一体どうしたら効率的に資産を増やして行くことが出来るのか。。

結論から言うと冒頭の二人のやり取りにも出てきたように、資産を増やしていく為には『3つの口座』を上手く活用することが重要です。

僕たちはいままで口座の扱いについて何も考えていませんでしたが、結婚後から口座を目的別に分けて運用しています

そうすることで確実に資産が増える家計の構造を作る事が出来ました。

本記事では僕たちの家計の構造を公開することで、

しっかりとした家計の構造を作るためにはどうしたらいい?具体的に何をどうすれば?

といった疑問にお答えします。

『3つの口座』の内訳は?

『つかう口座』『ためる口座』『ふやす口座』

まず初めに、さっきから言っている3つって何?という事に対しての答えです。3つの内訳は上記の通り、使う・貯める・増やす、となります。このように目的を明確に分けてあげることでお金に曖昧なポジションを与えないことが重要です。

銀行口座を金庫代わりのお金の置き場だけで終わらせるのではなく、お金の管理にうまく活用していきましょう。

つかう口座

この口座は生活費、娯楽費、旅費等全ての消費行動に使う為の口座です。主に給与の振り込み口座にすることが多いです。

クレジットカードの引き落としや固定費の支払い、現金が必要な場合はすべてこの口座からの引き落としとなります。

現金としても下しやすい事が大事なため、僕たちはATMの手数料が無料である『ゆうちょ銀行』を利用しています。郵便局はどこにでも点在しているので困ることはほぼ無いです。

この口座は日々出ていくお金があるだけなので、特に金利は気にせず『手数料がかからない』という事と、『ATMがどこにでもある』という事だけを考えています。

使う口座からの支払いの大部分を占める固定費についてはこちらの記事で公開しています。↓

ためる口座

この口座は、資産を保管しておくための口座です。保管したお金は引き出すことはないため、ここにお金がどんどん増えていきます。

その際に重要視することはやはり『金利が良い』の一点に尽きると思います。

僕たちは『楽天銀行』を利用しています。楽天銀行では条件を満たす事で大手銀行の約100倍もの金利が付きます。

例えばゆうちょ銀行の金利が0.001%ですので100万円預けていた場合利子は10円(税引前)となるのに対し、楽天銀行の場合の金利は0.1%ですので同様に100万円預けていると1000円(税引前)となります。

100万円預けている場合、

ゆうちょ銀行:金利が0.001%なので10円(税引き前)の利子
楽天銀行:金利が0.1%なので1000円(税引き前)の利子

その差は100倍!

同じ貯蓄でこれだけ差がついてしまうことからもきちんと目的を分けて口座を作る事の重要性が分かると思います。

またゆうちょ銀行から楽天銀行への入金はネット送金が使えます。こちらは手数料が無料でネット環境さえあれば家からでも取引が可能なため、わざわざATMへ行く必要が無いことからとても重宝しています。

ネット銀行は実店舗を持たない形態の為、コストが低く金利が高く設定されているので、貯める口座にオススメです。

ふやす口座

この口座はお金を運用する口座です。株式を購入したり投資をする為に使います。この口座で重要視するのが『証券会社との連携の良さ』です。

僕たちは住信SBIネット銀行を利用しています。この銀行の預金残高はSBI証券と連携することで、ハイブリッド預金となりそのままSBI証券での投資に利用できます。

証券口座と銀行口座を連携すれば金利がアップする銀行を選ぶ事で、増やしながらお得に貯めることが可能になります。

図示するとこうなる

これまでお話してきたことを図で示すとこんな感じになります。

それぞれの目的をきちんと決めて口座を設定してあげることで、効率的に資産を形成して行くことが出来ます。

お金を貯めるためには、お金をきちんと仕分けすることから始まります。ぜひ、あなたの周りのお金も仕分けてみてください。

おさらい:銀行口座による資産形成のポイント

今回は資産を形成して行くための『3つの口座』についてお話しました。それぞれの銀行の特徴と口座の役割を知って、かしこくお金を貯めて行きましょう。

銀行口座は『つかう』『ためる』『ふやす』の3つ持つ。

つかう
手数料が無料でATMの数が多い銀行
ためる
金利が高い銀行
ふやす
証券会社との連携が出来る銀行

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
りょたまる

首都圏在住20代後半のデザインとお金に関する事を発信する建築士。新商品開発・戸建住宅・ショールームの設計を経て、現在はディベロッパーで意匠設計の仕事に従事。会社員からのセミリタイアを目指し、建築家と呼ばれる人になれるよう日々奮闘中。

建築士の日々とライフハック

コメント